知っておかないと大変!?出会い系サイトでの禁止事項とは?

知っておかないとヤバい!出会い系サイトの禁則事項とは

出会い系サイトでは異性との出会いを目的に利用している人が大半ですが、きちんと禁則事項を理解した上で利用しないと、後で大変なトラブルに巻き込まれてしまうこともあります!

今回は知っておかないと危険な出会い系サイトでの禁則事項について紹介します!

全てのサイトやアプリで18歳未満の利用や募集は禁止

出会い系サイトというのは、すべてのアプリやサイトで18歳未満の利用や募集をすることを禁止しています。ニュースでもよく出会い系サイトで18歳未満の少女と出会った罪として逮捕されている光景を目にしますよね。

これは出会い系サイト規制法という法律で定められていることなので、例外なくすべてのアプリやサイトで禁止されています。

これを破った場合は法律違反となりますので、当然逮捕されてしまいます。たとえ18歳未満と知らずに出会ったとしても、それが知られれば逮捕されてしまうので、利用には細心の注意を払いましょう。

出会い系サイト規制法では、18歳未満と出会うだけではなく、18歳未満の男女と出会いたいという旨を書く行為そのものも禁止されています。つまり冗談のつもりで18歳未満の少女と出会いたいと書いてしまったら、それだけでも捕まってしまうということです。

他にもサイト運営側は、18歳未満の男女が利用しないように利用者が18歳未満でないことを確認したり、18歳未満の男女と出会いたいと書かれている記述を削除したりする義務があります。これを違反した場合は、運営側が処罰される形になるのです。

そしてプロバイダ側も、18歳未満の男女が出会い系サイトを利用できないように、フィルタリングをかける必要があります。

このように利用者からサイト運営、プロバイダに至るまでに出会い系サイト規制法が適用されているんです。

もし18歳未満も利用OKというサイトやアプリを見つけたら、それは完全に悪質サイトで間違いないので、絶対に利用しないようにしましょう。

多くの出会い系サイトやアプリではパパ活を禁止しています

多くの出会い系サイトやアプリでは、パパ活行為を禁止しています。

パパ活というのは、簡単にいえば女性を金銭的な面で男性がサポートすることを言います。わかりやすくいうならパトロンのようなものですね。

これらの行為はサイトの規約によって禁止されています。正確にいうならパパ活が禁止というよりは、利用者同士の金銭のやりとりを禁止しているという形です。

もちろんパパ活をしているのが発覚したら処罰されます。出会い系サイトで有名なPCMAXでもパパ活は禁止されているので、その行為を見かけても無視するか、運営に報告しましょう。

パパ活をしたいと思っているのならば、出会い系サイトではなくパパ活専門のサイトがあるので、どうしてもやりたいのならばそちらでマッチングする人とやってください。間違っても出会い系サイトではやらないようにしましょう。

全会員に公開されるコンテンツ上での個人情報の掲載

出会い系では、全会員が見れるコンテンツに個人情報を掲載することも禁止されています。

例えば誰もが見れる掲示板に自分の住所や他人の情報を書きこんだら違反になる、ということです。

元々出会い系サイトを利用しているため、こういった行為をする必要はありませんし、そもそもしないことが多いと思いますが、誰でも見れるコンテンツに個人情報を載せるのは禁止ということは頭の中に入れておきましょう。

どの行為もやっていることが発覚すれば退会処分、場合によっては逮捕となることもありますので、絶対にやらないようにしましょう。ルールを守って正しく利用する事が、素敵な出会いを見つける事にもつながってきます!