架空請求トラブル

難しい法律用語が
Q:プロバイダ責任法やサービサー法、電子消費者契約法とか難しい言葉を使われて意味が判りません。

A:気にする必要はありません。全部ハッタリです。根本的に法律用語を持ち出す場面と解釈が間違っています。
プロバイダ責任法とは本来ネット上での情報の流出により個人(または法人)の権利が著しく侵害された場合にプロバイダに対して情報の開示を求める権利についての法案で、債権回収とは縁もゆかりもありません。
電子消費者契約法に至っては利用者の保護を目的とした業者側に適用される法律ですので更に関係ありません。

小難しい単語を並べてもっともらしく見せかけるのも違法な回収業者の手口です。うっかり騙されて自ら個人情報を語る事の無い様にしましょう。

[戻]システム・データ維持費
[次]裁判を起こされそう

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル