ネトナ式出会い理論

メアド交換に拘るな
出会い系において『メールアドレスや携帯番号など連絡先の交換の可否』をサクラやCBの判別基準として最も重要視している方は多いと思います。
確かに男性は有料(特にポイント制)の出会い系であれば会えない相手に対してポイントを消費するのは無駄な投資と言えばその通りです。

しかし果たしてサイト内で連絡先の交換を渋る女性の全てがサクラやCBと言えるでしょうか?

決して会う事のない『メル友』としての関係のみで終わってくれるのであればメアド交換に大した抵抗感は無いのかも知れませんが、実際に会う事が前提となると話は別でメール交換の中では見えなかった部分も近い将来的に見せつけられてしまう事になるでしょう。
そこでメールの印象よりも遥かに良い人で安心した…という結末であれば問題は無いのですが、例えばメールでは紳士的な人だったのに会ったら無理矢理体の関係を迫られた、一度会っただけなのにすっかり彼氏気取りで主人や家族が居る時にも関わらずお構いなしにメールを送ってくる様になった…等、『思っていた人と違った』と思われる事も起こりえる訳です。

当然、露骨に今後の関係を断ろうものなら、一癖ある相手だと逆恨みされて嫌がらせを受ける可能性もあるしメールの受信拒否をしてもアドレスを変更してはしつこく送信してくるといった可能性もあるでしょう。
そしてそんな相手の為に何故自分がメアドや携番の変更をしないといけないのかと考えると、更に馬鹿馬鹿しくも思えてくる筈。

このご時世だからこそ、そんな不安を抱えている女性も多いのではないでしょうか。
これは決して女性に限った話ではありません。

私の考えるベストな方法としては、メールの内容だけですぐに判断せず今後も関係を継続していきたいと思える相手かどうかをじっくり見極めた上で、連絡先の交換をする事です。
相手も今後付き合ってもいいと思ってくれたならその場でOKしてくれるでしょうし、相手のお眼鏡に適わなければ『また縁があればサイトで』と遠回しにお断りしてくれる事でしょう。

あくまでも選択権は女性側に回す、ここまで気を遣う事が出来れば女性から悪い印象を受ける事は無いと思います。
もし気に入って貰えなければ今回だけで完全に縁が切れる様にしておくのも気遣いのひとつではないでしょうか。

出会い系サイトの殆どの利用者の最終的な目的は『出会う事』であって決して『メアド収集』では無い事は常に忘れない様にしたい所です。

[戻]メンヘラ系は避ける
[次]慈善事業では無い

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル