悪質サイトのサクラ

利用者のランク付け
有料サイトの大部分を占めるポイント制の出会い系サイトにおいては沢山利用してくれる会員(=沢山課金してくれるヘビーユーザー)の存在は売上に直結する分、非常にありがたい存在といえます。
しかし、だからといって直接一般女性会員を紹介したり等の過剰なサービスが行われる訳ではありません。
課金を重ねた分だけサイトを利用する頻度が上がる為、確実に一般女性会員とゴール出来る可能性が高くなるだけです。
それが本来の出会い系サイトの姿ですし、それ以上の利点は蛇足というものでしょう。

…が、悪質なサイトの場合は少し勝手が違います。
直接的に利用者にお金を使わせる事が目的のサクラにおいて、沢山課金する会員イコール【大事に育てなければならない家畜】なのです。

そこで利用者のサイト内での動き方によって数段階のランク付けを行います。

例えば3段階に分けた場合は…
@即アポを重点的に当てる(即アポのメールしか開かないのでそれで削る)
Aエロトークを中心に(即アポを当てなくてもエロ話に食いつく会員向け)
B即アポ一切禁止(主に高額課金者。なんだかんだで送ったメール全てに食いつく)
言うまでもなくBA@の順に優先度は高くなりますが、会員情報にこれらのランクを表示させサクラの新規キャラをぶつける際の攻略のカギとします。

特に高額課金者(数十万〜数百万の課金)と認定されるとサクラ側から大変チヤホヤされる様になります。
その売上が自分達の給料になるので当たり前の話ではありますが…。

待ち合わせの日時や場所まで決めて楽しみにしている所にキャンセルの連絡が来れば、どんな利用者でもガッカリするもの。
それが何度も度重なると、もう出会えないと諦めて退会してしまう訳ですが…即アポ禁止令の出た利用者はこの思いをしなくなります。
何故なら、アポそのものが振られない・たまにアポを匂わせても具体的な話には絶対に進まないからです。
その分、サクラ側も全力で気を利かせメールひとつとっても退屈なトークにならない様になりますが…。
その様たるや、スナックやキャバクラの営業トークも真っ青な勢いです。

直接的に利用者にお金を使わせる事が目的だからこそ生まれたシステムと言えるでしょう。

[戻]日時より場所を優先
[次]悪質サイト&サクラ判別法

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル