クレジット決済編

信販・代行会社に相談
次は信販(クレジットカード)会社や決済代行会社へ相談する事になりますが(不安な方は先に消費者生活センターにも相談してアドバイスを受けるのも良いです)、クレジット決済した支払い期日がまだ来てないなら決済代行会社から相談するのが良いかも知れません。

…と言いますのも、信販会社は基本的に『"業者との契約"と"信販会社とのクレジット契約"は別物』と考える傾向にあり、業者側と契約解除に至ってもクレジット契約まで解除になった訳では無いと回答してくる場合が少なくないからです(リボ払いなどの分割だと尚更。エステの倒産や健康食品などのローンのトラブルでよく聞く話だと思います)

しかし決済代行会社の場合ですとトラブルは穏便に済ませたいと考える傾向が強い様で、よほど心象の悪くなる様な言動をしない限りは支払い前の決済分についてはキャンセル扱いとして差し戻して貰えたという事例も多数あります(これをチャージバックといいます)

※決済代行会社の担当の方に事情を話した所(前項で触れた決済に至る経緯のメモは先ずここで活用する事になります)本人に代わって業者側と交渉・返金処理をして貰えたとの報告も頂いております。

クレジット決済そのものに正当性が無ければ決済代行会社も強い味方になりえます。このポイントは重要ですので忘れない様にしましょう。

決済代行会社にチャージバック処理をして貰えればこの時点で一件落着なのですが、もしここでチャージバックが認められない・あるいは交渉してる間にクレジットカードの支払日が先に来てしまいそう…という場合は信販会社の方にも相談しておきましょう(お客様サポートセンター的な窓口で相談すれば対応はして貰えます)

※業者との売買契約と信販会社との契約は別物ですが返金保障を行っている信販会社もありまして、返金の手続きに関しては各信販会社ごとに違う様ですので要確認です。支払い済の決済分について返金が不可の場合は業者側に対して『不当利得の返還』として返金の請求を行う事で解決する事になります。

[戻]利用状況を纏める
[次]支払い停止の抗弁

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル