銀行振込決済編

警察・銀行に届出
銀行振込で現金決済した場合は原則として『振り込め詐欺救済法』に基づいて手続きを進めていく事になります。

※振り込め詐欺救済法に基づいた返金申請についてはあくまでもワンクリック詐欺や架空請求、自動後払いによる不当な請求に対してお金を振り込んでしまった場合に適用されるものですのでご注意下さい。
(サイト側に直接返金の交渉をする場合等はアプローチの方法が変わりますので後述とします)

まず警察と銀行に連絡を入れる事からスタートしますが、各地区にある警察署(交番ではなく警察署または都道府県警)の生活安全課でOKです。
銀行はご自身が振り込んだ銀行ではなく振り込め詐欺などの犯罪行為の『振込み先になった預金口座のある銀行』ですのでご注意下さい。

いずれも振り込め詐欺救済法の返金申請をしたいので連絡をしに来た事を告げれば担当の方が話を聞いて下さいますので、うまく説明する自信が無ければこのページを担当の方に見せながらでも構いませんのでご自身の口ではっきりと伝えましょう。

[戻]返金手続にあたって
[次]消滅預金等債権の公告

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル