好感的メール術

文末で盛り上げて!
これはメールに限らず日常会話全てに通じる事ですが、文章の最後に良い話をもってくるか悪い話をもってくるかで同じ内容の文章でも読み手が受ける印象が180度変わる事をご存知でしょうか?

ここで例文をひとつ。
『あの人は責任感はあるけど暗い』
『あの人は暗いけど責任感がある』

いかがでしょうか?
前者は悪口の様なネガティブな言い回しで後者は微妙に褒めている印象を受けると思います。

これはポジティブな事象を文末に持ってくるだけでメールの印象も全然良くなるちょっとしたテクニックです。
これからは一番伝えたい重要な事を最後に書く様に意識してみては如何でしょうか?

[戻]言葉の裏を読む
[次]物足りない位が良い

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル