出会い系関連規制法

個人情報保護法
正式名称は『個人情報の保護に関する法律』

通称“個人情報保護法”と呼ばれ、5000件を超える個人情報を保有する『個人情報取扱業者』に対し個人情報の保護と適正な取り扱いを求める為に2005年4月に施行された法律です。

具体的には事業者が顧客から個人情報を得る際その利用目的を明確にする必要があり、取得した個人情報は最初の利用目的以外で使用してはならないというものです。
例えば通販で物品を購入した時に商品の送付が目的で取得した個人情報に対し後日別の商品のパンフレットを送付する目的で再利用する事は禁止となります。

要するに出会い系サイトにおける系列サイトへの同時登録や架空請求目的で再頒布される個人情報も全てNGとなる訳です。

[戻]電子消費者契約法
[次]プロバイダ責任法

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル