出会い系関連規制法

改正出会い系規制法
2003年に施行された出会い系サイト規制法(インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律)により児童買春等の事件で被害に遭う児童の数も一度は減少したものの、昨今になる再び急増した事を踏まえ『出会い系サイト事業者に対する規制の強化』と『児童による出会い系サイトの利用を防止するための民間活動の促進』を主として改正され2008年12月より施行されたのがこの法律です。

具体的には出会い系サイト事業者の届出義務および出会い系サイト利用者の年齢確認義務の強化が挙げられます。

更に2009年2月(2008年12月施行)からは利用者が18歳未満の児童ではない事の年齢確認が義務付けられました。

[戻]出会い系規正法
[次]サービサー法

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル