出会い系関連規制法

出会い系規正法
正式名称は『インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律』

通称“出会い系サイト規制法”と呼ばれ、インターネット異性紹介事業を利用した18歳未満の児童(法的には18歳未満の男女が児童とみなされます)の売春や犯罪からの保護を目的として2003年9月に施行された法律です。

具体的には18歳未満の児童の出会い系サイトの利用の禁止、また児童を対象とした募集の書込の禁止…が主な規制対象で、違反が確認されれば100万円以下の罰金と云う厳しい罰則が課せられる事となります。
また出会い系サイトを運営する事業者側にも児童の書込の削除や年齢認証等、出会い系サイトを利用させない措置を執る義務が発生し、これを怠った場合は事業者も同様に罰則の対象となります。

[戻]迷惑メール規正法
[次]改正出会い系規制法

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル