for 援交女性会員

妊娠の危険性
本来、性交渉は子孫を残す為の行為である事はご存知の事と思います。
妊娠しやすい時期に避妊をしなければ(或いは避妊に失敗すれば)それだけで妊娠する確率が非常に高くなるのも当然の話です。

特に割り切り(援助交際、個人売春)においてはお金を得る為に男性と性交渉を行う訳ですから、生理中でもない限りは(生理中でもする人は居る様ですが)需要があれば排卵期間近の妊娠しやすい時期だろうと関係ない事になりますが、コンドームによる避妊も行為の途中で破れてしまったり事後に膣内で外れてしまったりすれば全くの無意味になりますし、またコンドームの装着を前提に会った男性が必ずしも装着してくれるとは限りません。

しかしそこで妊娠してしまって神様に感謝する女性はまず居ないと思います。
望むべくして望んだ子供では無いのですからむしろ弊害の方が大きくなる事でしょう。

そんな大事な事であっても、誰にも相談出来ず自分で秘密裏に処理しなければならないのです。
一度でも事が起きてしまうと最後に泣くのは自分自身だという事は覚えておきましょう。

絶対に妊娠してはいけないと思うなら、日常からのピルの服用や産婦人科での子宮内避妊器具(IUD)の装着などの自分自身による防衛策も必須となると思います。
今の世の中、楽して安全確実にお金を稼ぐ事は出来ないという事ですね。

[戻]性病感染の危険性
[次]同業潰しの実態

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル