for 援交女性会員

リスク込の自己責任
割り切った関係(援助交際、いわゆる個人売春)を目的として出会い系を利用される女性も多い事と思います。
そこに至る経緯は複雑な家庭の事情や単なるお小遣い稼ぎなど、様々ではあるでしょう。

過去の日本は売春を禁止するどころか公認していました。昭和34年に制定された売春防止法なる法律ですら売春という行為そのものについては直接的な処罰の対象から外していただけに、堂々とやる事は無いとしても法律が変わりでもしない限りは今後もずっと無くなる事は無い筈です(但し現在は出会い系規制法により18歳未満の児童を相手に売買春を行えば処罰の対象になりますのでご注意を!)

ただ、処罰の対象にならないからといって好き放題やったとしても、万が一トラブルが発生した場合でも余程大きな事件性が無い限りは誰も助けてはくれません。
例えヤリ逃げされようと山奥に置き去りにされようと、警察に泣き付いたとしても逆に叱られて追い返されるのがオチです。

すぐにでもお金が必要な状況に直面して、真面目に働いたとしても給料日まで間に合わない、処分してお金に換えられる物も家に無い、もちろん人から借りられるアテもない。もう自分の体しか売るものが残っていない女性も世の中には沢山居る事と思いますが、お金を対価として『見ず知らずの男性に抱かれる覚悟』と同時に『万が一のトラブルも自己責任で抱える覚悟』も必要である事を知っておくべきでしょう。

決して売春を推奨する訳ではありませんが、そうしなければいけない事情のある方はリスク込みの自己責任という覚悟は持たなければなりません…という話です。

[戻]罪悪感が最後の砦
[次]犯罪被害の危険性

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル