悪質な架空請求編

公証人役場で認証
2004年に架空請求による小額訴訟で被害者に心理的抑圧を掛けるケースがありましたが、他にも公証人役場で認証を受けた公的な債権証書である事を主張するという架空請求(振り込め詐欺)も確認されました。

架空請求対策の手段が講じられる様になった現在においては小額訴訟と同様、この様な手の掛かる(或いは物理的に詐欺の証拠を残してしまう)架空請求はまず行われる事は無いと言えますが、今後また発生しないとも限りませんので知識としては知っておいた方が良いかも知れません。

[戻]ごく稀に小額訴訟も
[次]none

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル