たんけん夜の街

東京に行ってきた
東京なんて行った事もない田舎の皆様こんばんは!
大丈夫、私も乗り物酔いが酷いので用が無い限り行きません。

…が、仕事ならば仕方ない。
ってな訳で行ってきました花の都・東京へ!

数ヶ月前にも上京したのですが、とりあえず行けば何とかなるだろうと
宿も何も決めないまま乗り込んで激しく大変な目に遭ってしまったので
今回はその失敗を糧にネットで調べて予めホテルを予約する事に。

東京都大田区蒲田にある某ホテルの『ヤング島耕作プラン』を発見。
なぜ課長ではなくヤング島耕作なのかは不明。

とりあえず飛行機の予約〜東京に着くまでは問題無し。
しいて言えば搭乗手続の手荷物検査で引っ掛かった程度。

先に仕事を片付けて宿に着いてみると、そこは普通にラブホテル風味。
フロントに確認してみると確かに間違えてない様子。
ラブホがビジネスでも部屋を提供してるって話の様ですね。

この部屋がまた昭和テイスト盛りだくさんの部屋でして。
その辺がヤング島耕作なのかもわからんね!

食事ナシだったので近くのコンビニに行って適当に食料を確保し
小一時間ほど休んで、まずは某あやしいわーるど掲示板の松氏と面会。
近くの中華料理屋で名刺交換しつつしばし談笑。

その後、りんりん女史が奮闘中の大森町の某パチンコ屋に移動するも
私は道を間違えても平然と突き進んで後から気付くタイプなので
全く逆方向に歩いてたばかりに少々時間をロス。
店に辿り着く頃にはりんりん女史が表で待っててくれました。
寒い中申し訳ないです。てかコーシーごちそうさまであります。

その日は下見程度のつもりだったので8000円程度の負けで上がり。
9時過ぎに合流したチャットルーム常連の羊氏と蒲田で食事。
彼は私の泊まっているホテルから歩いて数分の所に住んでました。

翌日は朝から某パチ屋に向かうも入場抽選が37人中36番。
しかも37番目の人は帰っちゃったもんだから事実上私が一番ケツ。
何このヒキの弱さ…とか思った訳ですが、
実際に入場してみると全6(全台最高設定)の沖スロはガラガラ。

この辺が九州人と関東人の違いなのかもですね。
福岡で沖スロ全6とかイベントがあったら皆んな血眼ですよ。
ま、福岡ではそんなイベント天地がひっくり返っても無いけどさ。

せっかく沖スロの6を掴むも波が荒すぎて途中で心が折れたり
りんりん女史に薦められたルパンに座ってバケしか引けず捨てたら
夕方の発表で実は設定6だったりとどうしようもない展開だったりで。

ちなみにホール内はうるさくて話し辛いのでメールで話してましたが
目押しできないのに木の葉積みはしてる』と
姿勢の良い着物きたオカンが北斗打ってる
というメールにはさすがに耐え切れずに吹き出してしまった私。
隣近所の人達に変なヤツだなと思われたに違いない。

しかし東京のパチスロは凄い太っ腹ですねほんと。
あんな気前のよさは初めて見ました。
また機会があればリベンジに向かいたいと思いまする。

…で、
東京で仕事とパチンコしかしなかったの?
と思ってる読者の方もいらっしゃると思います。
いえいえそんな事はございませんよ!

続きは『東京に行ってきた2』にて

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル