たんけん夜の街

玉屋が摘発!?
玉屋と言いますと福岡市民ならパチンコ屋の玉屋の方を連想する事と思いますが、今回は違います。

当サイトでも幾度か記事で扱ってきたちょんの間の旅館のひとつが摘発されていた様です。
以下、毎日新聞の2008年6月29日地方版から抜粋です。

売春防止法違反容疑で逮捕 /福岡
27日、久留米市津福本町、旅館「玉屋」経営、中嶋恭子(54)と同市大善寺南、同旅館従業員、高口文代(68)の両容疑者を。20日、雇っている女性が男性客を相手に売春することを知りながら、旅館の客室を提供した疑い。2人は容疑を認め「20〜40代の女性十数人を雇い、客室を提供していた」と供述しているという。(久留米署)


マジですか!
玉屋といえば久留米の花畑地帯でも比較的評判の良いちょんの間旅館でして、これまでに数千人・数万人の寂しい男性達の性欲を満たし続けた聖地とも呼べる場所だったのですが、その歴史が終わってしまうとは一体誰が予測出来たでしょうか。

つっても摘発されてしまったものは仕方なく、気になるのは今まで何十年も黙認されて来た事が何故今更になって摘発に至ったか…という経緯な訳で。
一番有力なのは『近所の通報』の様ですが、確かに昔と違って深夜に旅館の周辺でタムロっていたり大声で騒ぐ酔っ払いも増えた様な気もしますので近所の住人としてはいい迷惑だったのかも知れません。だとすればお客さんもマナーに気をつけるべきだったのでしょう。

それにしてもこの玉屋、営業再会は出来るのでしょうか?
難しい所もありそうですが…暫く動向を追いつつ動きがあればまた報告していきたいと思います。

追記: 後日屋号を変えて運営を再開された様ですね。一安心。

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル