私のオモシロ女性遍歴

金だけ欲しがる女
PCMAXで『助けてくれる人』と一見ありきたりの投稿をしていたA香は40代後半の独身女性。

確かに内容は一見ありきたりだけれど、その素っ気無さが逆にキチ○イ度数高めの素人さんという雰囲気を醸し出していた。

一発で興味を惹かれた私。
早速時事的な挨拶がてら条件を聞いてみると2時間近く経ってようやく「ゴ欲しいです」と短文の返信アリ。
勿論、メールは郵便よりも早く相手に届くというだけで、その場で返信しなければならないという事はないけれど…。

いや、問題は決してそこでは無い。
「ゴ」←
これは果たしてゴセンなのかゴマンなのか…

「ゴマンです」

…(^ω^;)マジすか
まぁ希望額は自己申告だし別にいいんだけど(相手が見つからないだけの話だし)
また思い切った希望額を提示するもんだなぁと掘り下げてみると

「無償で助けてくれる人を探していました」

つまり、セックスとか無しで5万円下さいという話。
つーか居るのかよ出会い系に(^ω^;)そんなアシナガオジサンが

「明後日までにどうしても必要なんです。無理なら貸して下さい」

えーと、どこの誰とも知らない人に貸す方がもっと難しいと思うんだけどねー。

キャッシングやカードローンなら他人に迷惑掛からないよ?と返すも「無理なんです。お願いです貸して下さい」の一点張り。

とりあえず貸す貸さないは別として、会って詳しく聞いてからじゃないとなぁ…。
もし年齢の割にキレイ系の美人なら恩を売っておくのも悪くないかな…といった思いもあった訳で。

…という訳で都市高ぶっ飛ばして待ち合わせの場所へ向かったのだけれど、現場に着いても誰も居ない。
着いてますよーとメールすると

「今から家を出ます」

まだ家に居たのか!

待つこと約20分
色気のかけらも見当たらないスッピン&上下黒のスゥェットでやってきたA香。
見た目は決して悪くは無いものの…お世辞にも無償で5万円を渡せるレベルには程遠い。

「じゃあ、すみません5万円お願いします」

なんか勝手に金渡す前提になってたので、タダであげる気はないし事情も話して貰ってないのに貸すのもねぇ…と言うと
「帰ります」とソソクサと車から降りて消えてしまいました。

何なんだ一体…と思いつつ帰路に付いたんだけど、ほどなくしてPCMAX経由でメッセージ有り。

「時間の無駄でした。貸してくれると思ったから会ってあげたのに」

どういう立ち位置よコイツ(^ω^;)頭おかしいにも程がある

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル