私のオモシロ女性遍歴

ドブ臭い女
その女から「サポ1枚で今から会って貰えませんか?」と言われたのは、日も変わった夜中の1時前の出来事。
場所は福岡市の南の果て。東の果てに住んでいる私にとっては少々面倒臭い話だったりする訳で。

しかしまぁ二人の子持ちで自称癒し系、体型はスレンダーとくれば、ちょっとだけ期待も膨らんだりもしまして
とりあえず行ってみますか、と愛車をスッ飛ばして現地に到着したのが午前2時ちょっと前。

着きましたよ、と連絡を入れて待ち合わせ場所であるコンビニの駐車場に車を停めて待っていると
隣に停めてきた車に乗っている女性の何と可愛い事か!
しかもチラチラと私の方を見てるじゃん!もしかして大当たりだったのかいな!

…とか思っていると、その女性はコンビニで買い物を済ませてとっとと離脱という。

そして入れ違いでやってきたのが今回約束していた人だったのですが…
ストッキングが破れてるとかで、普段着っぽいシマシマのスパッツみたいなズボンという出で立ちでご登場。
赤フチのメガネがちょっとだけオサレ感があったりしたけど、それはまぁどうでもよかったりとかで。

それ以上に、何だか髪が湿ってる感が気になるんですよ。
風邪ひいてるのか、鼻ズルズルいうてますし。

「もしかしてシャワー浴びてきたの?」
「いいえ?」

その瞬間、何かが私の鼻をかすめていきました。

えーと、何だろう…
私はこのニオイを知っている気がする。

そう、町内会でドブさらいをやった時に嫌というほど嗅いだ、あのニオイ。
ドブというかヘドロというか、アレと全く同じニオイが今まさに彼女の口から漂っているのです。

実は私、匂いには結構敏感な方でして、
自身はどれだけ汗をかいても殆ど体臭がしない体質にも関わらず日に何度もシャワーを浴びたり軽く香水を振ったりと
とにかくニオイには人一倍気を使う人だったりする訳ですが、そんな私だからこそ臭いニオイには相当弱いものでして。

ああ、私の車の中の空気が汚染されている。ニオイが染み付いたりするんじゃないだろうか…。
女性の話はうわのそらで聞きながら、ずっとそんな事ばかりが頭をよぎっているという。

「てか喋るなよホント」

…と何度言いかけた事だろうか。
髪の毛がしっとり感を醸し出しているのも、きっと何日も風呂に入ってないからなんだろう。
脂がね、回りきっちゃってるの。髪の毛の一本一本の先っちょまで。

とりあえず口がドブ臭いのは把握。見た感じアソコも臭そうな予感がしていた訳ですが…
もう、まんまと的中。ダメなんです。目に沁みるんです。車の中に致死量が充満しかけています。

「車の中、暑いし狭くてやりにくいから外出てバックでしようそうしよう」

この提案が精一杯。

事後、コンドームを外した際におもむろにコンドームを摘んだ指の匂いを嗅いでみたら、ありえない臭さが。
危なかったです。ゴムつけといてよかったです。汁が染みた日にゃ悶え死ぬ所でありました。

これクンニは絶対無理です。クンニか死かの二択なら、迷わず死を選びますよ。マジで。

一刻も早くその場を去りたくて速攻帰ろうと急かしまくりの私だったりした訳ですが
「私、メールは昼でも夜でもいつでも大丈夫ですから」
…って、それはもしかしてまた機会があれば誘ってね的な話ですか?

ないから!
二度とないから!

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル