私のオモシロ女性遍歴

ストーカーな女
台風接近中のどうしようもない豪雨の中、M美から届いた一通のメール。

『今日ドライブしない?』

彼女の中ではドライブ日和なんて概念は無い様子。

普段から傘を持ち歩く習性の無い私にとって雨の日の外出ほど面倒くさいものはなく一度は断りを入れたものの、一度言い出すともうテコでも動かないのもこのM美。家の近くまで迎えにいくからと言うので、しぶしぶ了承。

M美とは、とある出会い系サイトで知り合いました。
福岡県の掲示板に投稿していたものの、何故か本人はお隣の佐賀県在住。
ちなみにこの日まで会った事も無ければ電話で話した事も無い、文字通りメールフレンドです。

更に不思議な事に私が当時住んでいた自宅周辺の地理にやたら詳しくどう見積もっても2時間は掛かる筈の距離を、わずか1時間で到着。(現在は潰れてしまった)喫茶店○○の駐車場で待ってるよー!と連絡あり。

激しい風雨に曝されて完全に濡れネズミと化してしまった私に『はい!』とタオルを手渡すM美。

このM美なる女性。
異常なほど写真映えする人で、時折添付される写メを見る限りだと相当のカワイイ系。
往年の斉藤由貴に似た感じと申しましょうか。実物はやたら眠たそうな目をしていましたが。
もちろん独身。交際している男性は居ないものの、片思い中の相手は居るらしい。

ところでこんな日に一体どこへドライブへ?

『一緒に行って欲しい所があるんだよね!』と3号線バイパスを北九州方面へと車を走らせるM美。
大体、私は乗り物酔いするので他人の運転で遠くまで行きたくないんだけどなあ…。

2つほど市を通り過ぎ、とある大きな川のある町に到着。
突然、国道の大きな道路から、住宅街へ続く細い路地に侵入。本当に地元住民しか通りそうにない様な路地です。

『今!○○の事務所の前通ったの判った?』
※ヤクザではありません。とある技術屋の事務所です

そんなん前もって言ってくれんと判る訳がないだろうに…いや、見てなかったと答えると、ぐるっと回って再び事務所の前を通過。

今度は見たけど、その事務所がどうかしたのかいな?

『あたしが片思いしてる人がここで働いてるんよね!』




それが何?

全くもって意味が判らない訳ですがM美の言い分によりますと、彼の姿をひと目見たくてたまらないけど一人で行くのは道中が退屈だから通りがかりの私を誘った…と。

たかがそんな事で台風も直撃するであろうという日に拉致られたのか私は!

聞けばM美とその男性が知り合ったのもやはり出会い系サイトだった様でして、始めて会ったその日にひと気の無い所に停めた車の中で半ば無理矢理犯された上に中出しまでされたそう。
そこにキュンと来たとか何とか。こいつアタマ大丈夫か?

『でもパイプカット(男性側の避妊手術)してるからナマでも大丈夫って言われたもん!』

あー、何だかちょっと見えてきたぞ。
要するに男性の方は普通に一期一会な精神でヤリ捨てするつもりで会ったものの、その非日常的なシチュエーションなりテクニックなりにうっかり惚れられてしまった…って流れなんだな。

実際、M美からその男性に毎日何十通もメールを送るものの、ほぼ完全にシカトされているらしい。
それが更にM美を燃え上がらせる要因になってしまってもいるのだろうけど。

じゃあ今日みたいにその人の職場をこっそり覗きに来たりしてんの?

『うん!週に2〜3回ぐらいは!』

世間ではそれをストーカーと呼ぶんだけどなぁ…と思いつつ、心からどうでもいいその男性の事を熱く語るM美をよそに車酔いに苦しみに耐えていた私でした。

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル