私のオモシロ女性遍歴

自称Mの女
年の瀬に彼女もいなくて一人寂しくセンズリしてる全国ン万人の皆様こんばんは!
心配いりませんよー私も仕事と大晦日オールナイトチャット待機の為、自宅で一人お留守番状態です。

さてさて今回はサイトで見かけた自称M女のお話です。

大晦日も目前という日の夜、なんとなく暇で暇でたまらなかった私はツラツラとサイトの掲示板を覗いていました。
もちろんアダルト掲示板です。なんといっても女性の書込の量が同業他社のサイトと比べて圧倒的に多いもんだから比較的高確率でネタになる様な相手が見つかってしまう辺りが良いなと。

で、当然の様に発見してしまう訳ですよ。こんな香ばしい書込を。

私に出来るのはザーメンごっくん・お掃除フェラ・アナルエッチです。どれも普通に抵抗無く出来るし、アナルは本当に感じます♪(中略)オマンコ狭いからおっきいチンポはきついです

あらステキ(^Д^)実に興味をそそられます。
普通だとスルーしてしまう書込ですがネタ探しの時は話は別。意地でも食らい付く所存です。

見るとまだメールは先客が一人のみ、これはまだ間に合うぜ!とソッコーでメールを送信した所、うまい具合に接触成功。
聞けば隣町にお住まいで近いし(タクシーで片道1000円位の所)暫くメールをした後に申し入れてみるとあっさりOKの返事が来ました。
時間を見ると午後11時半、あまりに簡単すぎて逆に怪しく感じたものの、どうせ近いしスッポかされてもいっかーと思い相手の気が変わらない内にすぐ家を飛び出した私。

現場に到着するといきなり雪が降り始めて寒いの何の。
とりあえず待ち合わせにした某ロー○ンであたたかい缶コーシーを購入し店の表で一服して待ってると、現れましたメールの通りの緑のコートに黒のバッグを持つ女!
お世辞にも可愛いとは言い難いけど普通といえば普通、しいていえば爬虫類系?だけど何よりも凄いプレイになるのでは…という期待感もあったので全然問題無しって事で、そのままラブホに移動しました。

移動中の車の中で、4歳になる子供が居てそれがまた可愛いのと一生懸命力説されてましたが、最終的には「子供が居る様には見えないほど若いね!」って言われたかった様です。
実年齢は37で普通に見た目通りなんですが、試しに32〜3ぐらいに見られたりするのかな?って言ってみたら「25ぐらいって言われるんですよー」と。
それはちょっと。

そしてラブホに到着。
入り口の料金表はそのままなのに自動支払機に表示された金額は正月料金(^Д^)別にいいけどちょっとイラッときた私。

『私エッチ大好きなんですよ。フェラもすごい自信あるしアナルも出来るし。すごいMって言われるんですよー』

って事は何かい?
今ここで洗ってない私のチンコねぶりながらオナニーしてみせろって命令されたら出来るのかい?
…って言おうとしたら、おなかすいたんで何か食べていいですかー?と。

どうぞどうぞ、どうせ冷凍食品とかレトルトの物しかないだろうけど遠慮なく食っちゃって!
って事でカレーを食って頂いた所で、改めて…と思いきや「お風呂にお湯張りますねー」ときたもんだ。
あれ?何かすっごく先回りされちゃってるんですけど?

一緒に湯船に浸かって乳首やらいじくり倒してたらわざとらしいあえぎ声。
浴槽のフチに腰掛けて得意ならしゃぶってみてよとフェラさせてみたけど、これがまたイマイチと申しますか。
なんかね、蝿がチョロチョロと動き回ってる様な?ソフトタッチすぎて全くもって物足りず。
かと思えば1分もしない内に『のぼせてきてしまいました』と。
ダメじゃん。

んじゃあがろっか、とソファに腰掛けて一服してたらトイレに行った彼女。
トイレにウォシュレットは当然ありませんが、トイレから出てそのままベッドに潜り込んでます。
あれ?これから行為に及ぼうというのに、どうして貴女はお股を流して来ないのですか?

まぁ舐めなきゃいいかと私もベッドに移動、マグロの様に寝転んだ彼女の乳首をイジクリ回してると再びわざとらしいあえぎ声。
なんだこれどこにでも居る様な援交女と一体何が違うんだ?普通にツマンネーので半ば無理矢理フェラさせてみると、これがまたさっきと同じでイマイチ。そしてまた1分もしない内に『そろそろゴム付ける?』と。

フェラ得意って言ってたのは何なんだろうか。
ザーメンごっくんじゃなかったのかいな。
うーむ…。

手際よく装着されるコンドーム。
『私ゴム付けるの早いやろ?』
ええ、フェラをやめるのも早いですけどね。

M女らしく色んな体位をご希望かと思って最初は上に乗ってみる?と言ってみたところ次の一言が。

『体が固くて足広げたりとかあまりできないんです。正常位でいいですか?』

この時点で正直萎え掛けてました私。なんだそりゃ普通にウゼェとしか言い様が無い。
さっさと終わらせようとしても腰を浮かせてこないので全然奥まで入らない。しかもこの広さが限界よといわんばかりに膝抱えてるのでそれが邪魔で更に挿入しにくいとゆう。もう全くダメ、話になんない。

それでもどうにかこうにか発射に至るも、ティッシュを2枚取り出して『はい』と。 んー?お掃除フェラは?してくれないんだ?

今度は一服する暇もなくすぐ風呂で体を洗い、私が風呂から出る頃にはもう着替えてやがる!
あれ?二回戦でアナルセックスかと思ってたんですが。
なんでこの人はもう帰り支度を始めてるんですか?

『ほら、明日仕事が早いからもう帰らないと子供も心配だし』

あー、まぁいいけどね。ええ。
フロントにタクシー呼んで貰おうと連絡すると、年末で全然タクシー捕まらないので30分前後掛かりますけど…という話。
仕方ないから待つ?と言うと、そんなに待ってらんない今すぐ帰りたいのといわんばかりの嫌な顔をする彼女。
クソ面倒な女だなと思いつつ懇意にしてるタクシー会社に無理言って一台都合して貰って帰らせました。

で…。
どこにM女は居たんですかね?
今しがた会った女性は違う様な気がしなくもなく…と。

つーか広告に偽りアリだよこれ(;´Д`)だまされたー

カテゴリTOP
HOME
出会い攻略&詐欺対策ポータル